読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S36 レジェ到達アグロシャーマン&環境について

 

 

f:id:Tya-jin:20170326135852j:plain

 

 

というわけでね

 

 

先月はランク5で終わってしまったので今月はちゃんとやりました。なんもかんも学部が悪い

 

使用デッキはアグシャーです。ナーフが入って全体の数はかなり減少したと思います。ラダー中にアグシャーと当たったのはおそらく5回程度なのでまさに盛者必衰といったところでしょうか

 

自分の使用したデッキについて語るのもいいんですがウンk、ウンゴロの発売も近くスタン落ちなどで環境は大きく変わってしまうためあまり意味はないんですよね。なので使用デッキについては後半で取り上げ、前半はナーフ後の環境についてちょろっと語りたいと思います

 

〇 3月の環境

さて3月のラダーですがランク5までは海賊ウォリを使用しました。なぜなら早くて強いから。質よりも数、15分かかって勝つレノより5分で5割勝つ海賊、安い早い強い。使わない理由は無い

 

この表をみてみましょー

 

f:id:Tya-jin:20170326143206j:plain

Data Reaper LIVE (Beta) | Vicious Syndicate (vS) (こちらより引用)

 

色々とこの表をみていると思うところもあると思います。その内いくつかについて触れてみましょう

◆海賊の勝率

海賊ウォリ、何が強いって基本的に全てのデッキに勝率が5割ある点。この5割という数字、他のデッキは海賊を意識しているのにも関わらず半分負けるということです。海賊に効果的なカードをプレイしても5割負ける。プレイできなければ7割負ける。環境に存在するほとんどのデッキと戦え勝てないデッキはない。デッキの速さに強さも十分ならそら使うよ。THE・tier1

勝率の低い不利マッチについて、海賊に有利なのに何で使わないのなんでなんでなんでなんで→海賊以外とのマッチアップ

 

翡翠ドルイドの隆盛

ちんけなバッカニーアが環境から退場したのは翡翠ドルイドにとって大きな収穫でした。全体除去やバーストダメージの少ない中速以降のデッキには明確な有利がとれます。カード1枚にここまで押し込められていたデッキというのも中々珍しい

 

◆レノプリ最強では?

表めっちゃ有利とれてますやん!やっぱ安藤君の…ドラシナで…ヒールできて…最強やな!^^

なんでこんな数字なってるんすかね?教えてえらいひと

 

f:id:Tya-jin:20170326161244j:plain

対レノプリの一幕

 

〇 レジェ到達あぐしゃ

話は変わりアグシャについて

 

アグロシャーマンはナーフの影響を受けてから大きく数を減らしました。相手の体力30を削りきるスピードが海賊よりも遅くなってしまったことと精霊の爪が使い物にならなくなったのは余りにも大きな痛手です

 

しかし今月もあと1/3といったところでアグシャーがレジェ一位に到達したというニュースがありました

 

S36 レジェンド1位 Fenomeno アグロシャーマン - ハースストーンデッキ検索|HearthGamers (ハースゲーマーズより引用)

 

新しく黄昏の槌を採用した形ですね。この記事を書いてる最中に行われている冬季選手権でも2名が採用しています

 

ランク5で海賊ウォリ面白くないしなぁとか考えながら鯛と遊んでいたらこのレジェ1位到達を聞きアグシャーで頑張るかと思い立ちました

レシピを参考にしながら組んだのがこちら

f:id:Tya-jin:20170326163502j:plain

 

黄昏の槌は持っていなかったのでこんなまずはこんな感じに

このデッキでも十分強くランク5から2まで星を伸ばしていきました。しかしこのデッキを回しているときに感じたことが2つ、南海の甲板員の2枚目、サーフィンレーマルグルトンが弱い,海賊ウォリなどのアグロが極端に多いということです

これらを受けデッキを弄ります。そもそも武器が翡翠の爪しかないのに甲板員採用とかよぐわがんないねこれ

そして完成したのがこちら

f:id:Tya-jin:20170326160258p:plain

 

■マルグルトンの不採用

アグロシャーマンというデッキのマスターピースでは無くなりました。ナーフ前の環境ではこちらが攻める側に回ることが多く強かったのですが今は挑発トーテムの価値が非常に大きく、またこのリストには地底よりのものが採用されているため不採用となっています。地底よりのものを採用しない形だとしてもマルグルトンは採用はしない方が強いと個人的に思います

■甲板員2→甲板員1

小回りの利くミニオンであるのは間違いないため1枚は必須です。2枚はパワーとして低いため1枚減らしました。代わりに採用しているブラッドセイルの海賊はFeonomenoのレシピやにんさん(アジア最速レジェ)から得た最大の情報です。対海賊に対しこのカードは想像以上に働いてくれました。タフネス2がえろい

■ライトニングストー

海賊大杉。あとはZooロックが一定数いたため採用しました。海賊ウォリに対し個々の除去では間に合わないことがあり、武器に頼った処理はヘルスの減少を招くことやタフ3、4を処理できるのがかなり強かったです。メイルシュトロームのポータルだけでは何かと足りないと感じた事も多々あったのと、翡翠ミニオンを使わずに処理できるのは大きいです

■呪術 ■地底よりのもの

tempe443.hatenablog.com

 

テンペストさんの記事を参考にしました。ここに書かれている通りです。呪術は強い。

■アース・エレメンタル

 

f:id:Tya-jin:20170326172445p:plain

僕のチューンでひと際輝くこのミニオン。5マナ7/8挑発。

強いんだなぁこれが…本当に強い。このカードを海賊ウォリに対してそっと置いておくと次かその次のターンくらいには相手が爆発します。これをだした返しにハゲが顔真っ赤にしながら顔面でぶつかって海賊と共に散っていくのは痛快爽快ハースストーン。

対海賊ウォリにおいてこのカードは全てを終わらせることできます。それくらい強い。真面目に説明をすると野獣の精霊だけでは挑発が足りない場面があったりします。アスエレを処理する時は基本顔+ミニオンか顔+ヒロイックストライクです。この時相手の体力を7削れるのが非常に大きく、こちらから30点削るプランが見え相手側の打点を減らすことができます。単体でだしても十分強いのですが隣にミニオンがいるとより強くなります。こちらのミニオンを相手の武器から守りつつ7点入る。想像以上に強いです。

翡翠ドルに対しては3枚目の477と翡翠ゴーレムを受けきる役割があり、対レノは解答を要求することのできるカードです。AOEで倒れず確定除去以外なら7点の火力として動くことができるため不採用にする理由が薄いです

 

f:id:Tya-jin:20170326175251j:plain

 

ver2,2より以前が①でそれ以降が②です

②でアグロにかなり強く寄せた結果がでていて嬉C

 

f:id:Tya-jin:20170326175745p:plain

 

この約70ゲームはランク5以下のも含まれているため参考程度ですが本来不利とされている翡翠ドルイドに呪術の採用が非常に効いているのが分かると思います。また海賊に対しても有利がついています。アグシャー勝率68%といったところです。

 

レノの減少がアグシャーにとって非常に追い風となっています。アグロに強く寄せれば今の環境、そして残り数日間戦えると思っています。みんなアスエレ使うんやで滅茶苦茶強いからmjd

 

 

(^^)/

 

 

 

 

【デッキ紹介】ターボフォグ

やっほ~^^

 

 

最近PCを新しく購入したためテンションが高いです。

 

 

記事が挨拶だけってのも味気ないのでさっそくスタンのデッキ紹介したいと思います。

 

 

まず、「ターボ安らぎ」というネーミングセンス300点のデッキをご存知でしょうか?安らぎ+ギラプールの宇宙儀+霊気貯蔵地で宇宙という何とも無茶苦茶なデッキ、、、

こういう変なデッキが凄い好きなので気にはなっていたのですが、如何せん弱い。メイン安らぎが弱くて宇宙儀も弱い。霊気貯蔵地も使うなら青白逆説的な結果でええやんという状態。青白もかなりエンジョイデッキの枠だと思っているんですが、そこそこ知れ渡っているため使わず…

 

そんなこんなで気づいたら霊気紛争のゲームデーなんかが開催され、Twitterを見ていると色々デッキを見かけました。変なのでいったらサヒーリレス4cサヒーリフェリダーや理想ムーブ最強のゴンティハートコロッサスなど

 

そんな中で目にとまったのが今日紹介するこちら

 

 

ターボフォグみたいな何か

 

f:id:Tya-jin:20170306100224j:plain

 

霊気紛争のゲームデーで優勝していたものを少し弄ったものです。ターボ安らぎに似た匂いがするというか、システム自体搭載されてる。

 

土地はMOに資産がないためタップインランドで代用しています。青緑ファスト、青緑ミシュラ、大草原の川、梢の眺望などで補完しておいてください。

サイドは適当。否認4 霊気貯蔵地1 安らぎ1 終止符のスフィンクス1 ギデオン4 5マナニッサ1 払拭2 燻蒸1 あたりが丸いと思います。

FNMに持ち込んだデッキはサイドにタミヨウ、ドビンを持っていきました。理由はギデオンがないから。誰かくれよ。

 

 

このデッキを見つけた時におもしろそう!と思い少し改良(ギデがないためほぼ改悪)し使ってみたのですが感想を端的に言うと

 

 

ダメ!です

 

 

一体何がダメなのか、実際にFNMにこのデッキを持ち込んだのでその振り返りをして確認しましょう。

 

1ゲーム目 vs緑黒エネルギー 〇×ー エクストラターン5tで投了(最後負けはしなかったが、初戦から引き分けってのもなぁと思い投了)

2ゲーム目 vs青白スピリット 〇〇 残り時間5分ほどで勝ち(全卓で最も遅い)

3ゲーム目 vsスルゥタイ霊気池 〇×ー エクストラターンで引き分け

 

 

…わかったでしょ?

 

 

このデッキ、大きな特徴としてかなり負けにくいです。しかし勝つまでの時間が非常に長いです。

 

 

◆デッキ解説

 

 

こちらの勝ち筋としては、①プレインズウォーカーが生き残ることによる勝利 ②電招の塔による勝利 ③相手の投了 の3点が主な勝ち方です。

①はPWの数が少ないためテンポよくだすこと自体が難しく、序盤は基本的に受ける側なので永遠にフォグを構えつつドローしなければならないためPWをだすタイミングはかなり遅くなります。大半は壁役として出すことの方が多いです。

②が最も明確に勝つことのできるプランです。3tに塔を置くことができればかなり楽になりますが、相手の顔面に火力をぶつける暇はありません。最初は生物への除去や相手のPW除去として動くためエネルギーが相手のライフに放たれるのは、こちらがフォグや全体除去などを構えられている時のみです。「相手の攻撃は全部フォグで受けるしええやん!」なんて考えもありますが、そもそも3tに設置できるというのがかなり上ブレであること。そして電招の塔1枚だけで相手を焼き切るというのは7tもかかる遠い遠い勝ち筋であるため、まずは自分の体勢を整えることが優先されるという現状があります。

③相手が勝ちを見いだせず投了してくれるのが簡単で早い。でもこちらが勝ちに動かないため相手は「負けたかな?」という意識が生まれにくいため中々投了しない。特にサイド後。

 

 

これらの理由によりとにかく時間がかかりすぎる。相手のターンはフォグで一瞬で終わるのに、こちらのターンは色々考えてドローして、ドローして、除去して、、、何ともつまらないまじっくざぎゃざりんぐ。つまらない挙句長い、そして相手は勝てないしこっちも勝てない。少なくとも自分がこのデッキの相手ならあまりおもしろいとは思わないなぁ…FNMで使うには良くないデッキでした。

 

 

ただ悪いことばかりだけでもないです

対ビートダウンに対してはほぼ負けることのないのは間違いないです。緑黒ビートダウン、マルドゥ機体に対してはメイン抜群の相性差があります。問題があるとすればメインに数枚積んであるPWへの対処でしょうが、チャンドラなら3t、リリーなら4t…まぁキツイか…(^^)

全力で電招の塔を探てくれとしか言いようがない。これらのカラーならメインのファクト除去なんて都合よくあるとは思えないので何とかなるさ。リリーに関しては緑黒ミッドレンジ寄りなデッキになるため、絶対数は多くないと思うので大丈夫じゃないでしょうか?

対サヒーリ、これについては対戦したことがないのでフワフワした解説になりますが相手の勝ち筋の一つであるコピーキャットパンチに対してフォグ自体は効果的です。しかし後続が永遠に続くことやサヒーリへの解答がメインに塔以外ないことなど不安な要素はあります。そしてこれらのデッキはナヒリ、チャンドラ、サヒーリといったPWが多数あるためそれらすべてを撒くのはキツそう…というかおそらく無理です。

そして霊気池型のウラモグなどデッキを吹き飛ばしてくるのも流石に勝てないです。FNMで対戦したスルゥタイ霊気池はウラモグをタミヨウで縛り付けて耐えてました。

 

 

最後にデッキの基本的なガイドを載せておきます。

フォグで耐え、全除去で耐えた先に何があるのか、それはこのカードがポイントです

 

f:id:Tya-jin:20170306112639j:plain

 

過ぎ去った季節

 

かつてJon Finkelがプロツアーで使用しFinkel以外の使用者は目立った結果を残せなかったのが大舞台で活躍した最後の姿でしょうか。

 

これでカードを回収することで無限にフォグを構え続け永遠に全除去を唱えられます。

ドロースペルであるパズルの欠片は墓地を肥やしつつスペルを加える過程で電招の塔やPWなどを墓地に送ってしまいます。それらをゲーム終盤で回収することで最後の詰めとなります。

 

1マナ 霊気との調和

2マナ フォグor予期

3マナ フォグor電招の塔

4マナ 天才の片鱗(いらない)

5マナ PWor燻蒸

6マナ 罪人への急襲

7マナ 神の導き(いらない)

 

などを回収するのですが大体手札が溢れるため1,2,3,5マナ以外はとらないことが多いです。この溢れる手札を活用するのがサイドに仕込んである安らぎ+霊気貯蔵地ですがそこまで決まるものでもないです。ただ安らぎを設置すると対戦相手が9割「??!!?!!」となるのが気持ちいいだけです。

過ぎ去った季節を唱えた後回収した霊気との調和でデッキをシャッフルできるためボトムにいった後の季節を見つけやすくすることができます。

季節を唱えることでフォグがずっと撃てると分かった時点で相手は投了してくれるはずなので、7マナまで耐えることが大事です。ドロースペルを唱えているとハンドが溢れることもよくあるので後々回収することを考えてどんどんディスカードしましょう。逆に季節が2枚とも墓地に落ちた場合、落ちたことはないのですがおそらく負けるでしょう。

1枚だけ積んである神の導きですが全体除去を唱えた次のターンにこれを唱えるとかなりあったまります。ただ唱えることのできるタイミングが限られているためディスカード要因でもありますが、26までの回復はmtgで想像以上に強いです。使えば分かる系。

サイドにギデオンが無いものを使っていたためその場合どうなるかが気になります。おそらくもっと楽に勝て、ゲーム時間も短縮できると思います。何よりそっちの方が強い。

 

 

今回はこのあたりで終わろうと思います。このデッキを持ちこんだFNMの対戦相手の方々はみなさん優しかったため最後まで付き合ってくれました。2ゲーム目の対戦相手の方からは「とてもおもしろいデッキだったから楽しかったよ!」と言ってくださいました。優しい方ばかりで良かったです。前述した通り個人的にこのデッキはカジュアルで他人と遊ぶにはちょっと向いていないかなぁ~と思っています。使用者がそうしたようにゲームデーに持ち込むぐらいがちょうど良いと思います。

 

初めての記事なので何か改良点や間違いなどがあればツイッターやコメントなどで教えていただけると幸いです。たまにはこういった一風変わったデッキもおもしろいので使ってみてください。

 

 

ではでは

 

 

挨拶

 

茶人です。紅茶が好きなのでこんな名前です

 

 

あまりにも暇なことが多いため始めることにしました。ハースストーンのモチベーションにもなるかなぁと思っています。

 

自己紹介

高校生の時に友人から遊戯王に誘われ小学生以来にやってみたらハマってしまった男。その後同じ友人からMTGを教えてもらい今に至ります

 

青鳥 @Tya_jin

MO sg7

HS 茶人#1946

 

Magic the gathering

友人に勧められてタルキールエントリーセットをカラオケで始めたのが最初

 

f:id:Tya-jin:20170306092616j:plain

 

懐かしい

 

その時は遊戯王にお熱だったためMTGはあまりやっていなかったけど遊戯王がインフレに次ぐインフレを繰り返し(ネクロスが流行ってた頃)自然にMTGに傾き、マジックオリジンで初めて箱買いしたあたりから完全に興味はMTG

 

GP東京 4-4-1 初日敗退 使用デッキはマルドゥコントロール

GP千葉 4-5 初日敗退 使用デッキはエルドラージ

GP静岡 (^q^) 予約取消 使用デッキは金欠コントロール

 

Hearthstone

新しいスマホを手に入れた僕はウキウキで気になっていたハースストーンをダウンロード。記憶が正しければ2015年の秋の時にはやっていたけど課金要素が強かったためそこまではやっていなかった。2016年の12月に仁義なきガジェッツァンが実装された後ちゃんとハースやるかーとふと思い立ち仁義なきアグロシャーマンで初レジェ達成

 

 

 

長くなったのでこのへんで…ここではmtgのおもしろいデッキなどの紹介やハースストーンについて色々とやっていきたいと思います

 

それでは